スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増岡ファームオリジナル液肥のご紹介 ~導入編~

本日は当店自慢のオリジナル液肥のご紹介をしたいと思います
自分が5年以上かけて研究し、数々の試行錯誤の末に辿り着いた現段階での最良の肥料です

他の市販の肥料とは一味違った肥料で、高い確率で効果を発揮できる肥料だと思います
是非とも沢山の方に試して戴きたい一品です


2015-05-22 113454
 当店では↑の5種類の液肥を使い分けて全水槽で添加しています




オリジナル肥料をご紹介する前に、肥料についての基本的な事について書きたいと思います
ちょっと息苦しい内容になってしまうかと思いますが、ぜひ読んでいただきたいです^^;



まず植物に必要な元素を上げてみます
N P K Ca Mg Fe Mn B Zn Cu Mo Cl S
チッソ リン カリウム カルシウム マグネシウム 鉄 マンガン ホウ素 亜鉛 銅 モリブデン 塩素 硫黄


基本的にはこの13種類が必須栄養素となり、水草を栽培する際に気を付けなければならないものです

このうちカルシウム・マグネシウム・塩素・硫黄は大部分の地域の水道水には十分な量が含まれていると考えられ、当店では基本的に添加する必要性は低いと考えています

残りの9つですが、
チッソ・リン・カリウム3大栄養素 (特に植物が多量に必要とする栄養素)
鉄・マンガン・ホウ素・亜鉛・銅・モリブデン微量元素 (必要量は多くないが、健康な成育の為に非常に重要な栄養素)
の大きく2つに分けて考えます

②微量元素は水道水含有量ではバランスが悪く、生体の餌にもあまり含まれていないため、全ての水槽で添加する必要があります

使い分けが必要となって来るのが①の三大栄養素です
ここは生体の数や与える餌の量によって大きく変化してきます

基本的に生体用の餌にはチッソとリンは豊富に含まれ、カリウムはあまり含まれていません
なのでカリウムの添加は必須となってきます

生体由来のチッソとリンでまかなえる水槽では、添加する肥料は[カリウム]+[微量元素]で大丈夫です
そしてそれでも足りない場合にはチッソとリンも加える必要があります



2015-05-12 180659
 ポリゴナムsp.ピンク


ここまでは他のサイトでも記載されていてご存知の方もいらっしゃるかと思います

水草の肥料はカリウム+微量元素で十分というのが一般的ですね

しかし、私はカリウム+微量元素では不十分な水槽が沢山あると感じております
特にリンが不足している水槽が実は沢山あるのではと思っています

チッソ・リンはコケの原因となるから添加どころか如何に排除するかを考える方が多いかと思います
それも間違いではありませんが、特にリンが不足していて水草が生育不良を起こし、その結果コケが生えてしまうパターンが多いのではと私は疑っています

自分の今までの研究でリンを測定していて思った事は、リンはなかなか蓄積されない栄養素だということ
特に現在主流となっているソイル系の底床材を使っているとそれは顕著です
ソイルなどの土はリンを吸着する性質があるからです

そして赤系の水草の発色を良くする為にといってよく添加される鉄Feですが、これもリンと結合して不溶化させる一因となっています

生育不良症状を解析してもリン欠乏症状ってよく出てくるのではとも思います

そこで当店ではリンを積極的に添加するようにしています
これに気づいてから当店の水草の生育環境は大きく改善されました


(注)もちろん底床肥料の環境によってまた変わってきます。特に栄養系ソイルの初期や固形肥料の有無や種類によってはリンは十分、又は過剰になる場合もあります



現在5種類の液肥を作成・販売しておりますが、
①三大栄養素を水槽環境別に3パターン用意し、それプラス②微量元素での使用をおススメしています
また、あとひとつSubという商品名で海藻由来の有機液肥もあり、合計5種となります
Subは上記の13種の肥料成分はあまり含まれていないですが、その他の効果を狙っています


今回はここまでにして、今度は5種類の各肥料についてくわしく記事を書いてみようと思います

長くややこしい文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました!(^^ゞ

まだまだ増岡ファームの水草育成研究は続きます‥


↓いつもポチっとありがとうございます(*^_^*)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

だいござんへ

参考にしていただきありがとうございます(^^)
次回、もう少々お待ち下さい^^;

No title

とっても参考になります
次の記事たのしみにしてます(・∀・)

いぼ仙人さんへ

良かったです!
緑系苔が生えて髭ゴケばかり=リン過多、というのは可能性としては十分あります。
が、断言できません
リン濃度が高くても髭ゴケが生えない環境もあるので、やはり水草の活性やフィルター・底床環境によるものも多いと思います
※無機物(パイプや石・流木など)は環境が良くてもコケは生えます


○ゴケが出たから△が多い→△を減らそう
というのはあくまで水草が殆ど無い生体メインの水槽の場合であって、水草メインの場合はまず水草の育成環境を整える事を最優先にした方が良いと思います

まずは慌てずじっくり水草とバクテリアさんと向き合っていきましょう(^^)/

戸川ゆうきさんへ

難しいかもしれませんが、水草育成には生物と化学が詰まっていてとっても勉強になるんですよ~
少しずつ分かっていくととってもおもしろいのでぜひ興味をもってもらいたいです(^^)
記事お待ち下さい^^;

勉強になります!
でも、うちの水槽は緑系苔は生えず、髭ごけばかり。
これはリン過多でしょうか?

う〜んなるほど難しいですね(*_*)
でも凄い勉強になります。
早くSub以外の液肥の記事が見たいです(b_d)そして欲しい〜です(b_d)
FC2カウンター
プロフィール

増岡 紳之介

Author:増岡 紳之介
水草に惚れ込んだ変人が水草を綺麗に育てることに躍起になる日々を綴っていきたいと思います。

埼玉県入間市寺竹707

店舗販売とネットショップ販売をしております

店舗営業日:日曜日のみ

 《店舗営業時間》
 日曜日 10:00-18:00
月~金曜日は発送業務・水草や商品の生産を行っております
土曜日はお休みです

臨時休業や営業時間変更等はブログやツイッターでご連絡します
来店の際はチェックをよろしくお願いいたします


当店は道路側の野菜の無人販売小屋と旗が目印です
道が分からない方はお気軽にお電話下さい
↓  
TEL : 090-3576-8590
email:shop@masuokafarm.shop-pro.jp
Twitter : @masuokafarm

最新コメント
最新記事
アクセス

JR八高線金子駅より徒歩約10分
西武池袋線入間市駅よりバスで約25分
圏央道青梅ICより車で約10分
カテゴリ
Twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
にほんブログ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。