チッソとリンを考える (オリジナル液肥NPKシリーズ)

前回は微量元素についてでしたが、今回はチッソ・リン・カリウムについて書きたいともいます

20150604 174728
 左から『K』『NPK①』『NPK②』


植物が沢山必要とする多量元素。その中でも必要量の多いのが三大栄養素と言われるチッソ・リン・カリウム(N・P・K)です
ここを押さえておかないと水草は殆ど育ちません

1、アクアリウムにおいて、チッソとリンは魚やエビなどの生体の排泄物により沢山供給される
2、チッソとリンは蓄積しやすく、コケの原因になるので添加はせず換水などで極力排除する
3、カリウムは供給されにくいので添加する必要がある

これが一般的な認識として定着しているところだと思います
3は正しいと言えますが、1と2は正しいとは言えません

チッソとリンは確かに生体から供給されますが、水草がある程度生い茂っている水槽内では、かなりの生体数が居ない限り欠乏する可能性が高いと自分は認識しています。(これもまた魚の種類や大きさ、餌の種類にもよって異なります)

大学時代に卒論でアクアポニックについて研究していた時、熱帯魚の餌の成分も計測していたのですが、餌由来のみの肥料分だけでまかなおうとするとトンデモナイ量の餌が必要だという事が分かりました

実際の所、底床や水道水などによる供給もあるため一概には言えませんが、レイアウト水槽や水草メインの水槽ではチッソとリンが不足する事はよくあることだと思います

そしてポイントは、餌にはチッソは沢山含まれるが、リンは比較的少ないという事。
実験でもチッソよりリンの方が早く枯渇する事が分かりました

そして最も大事な所
硝酸(チッソ)は水中にイオンとして蓄積しやすいですが、リンは鉄やカルシウムなどの陽イオンと結合して沈殿しやすく、土壌粒子に強固に吸着されやすいため、植物が吸収しにくくなりやすい
と言う事です

鉄をはじめとした微量元素を添加するとリンと反応しやすいので、微量元素と合わせて毎日少量添加する事が大切だと思っております


リンって実は水草水槽ではかなり低濃度になりやすい元素なのです
黒ヒゲのコケがあるからリンが沢山あるっていう認識はほぼ間違いだと自分は思っております
藍藻の原因がリン過剰、っていうのも正しくは無いのではと疑っています
両者とも、リンを添加する事によって逆に根絶出来た経験もあります
コケについて考える時、大事なのはチッソが多いとかリンが多いとかではなく、おそらく別にあるんじゃないのかなぁ‥


まとめますと、水草育成においてリンは積極的に添加した方が良いというのが自分の現在の認識であります
リンを積極的に添加するようになってから当店の水草生産性は大きく向上しました
是非ともリンについて考えなおしてみてほしいです^^;


オリジナル液肥のNPK①とNPK②にはチッソ・リン・カリウム+Subが毎日添加に適した濃度で混合されています
チッソは極少量、リンは少量、カリウムは市販のカリウム液肥よりだいぶ少ない量が入っています

※よく市販されているカリウム液肥は記載されてる量添加するとカリウム過剰に非常になり易いので注意が必要です

NPK②は①よりチッソとリンがそれぞれ2倍量でカリウムは同量です
これによりカリウム過剰を防ぎながらチッソとリンを強化出来ます





ついつい長くなってしまう‥

カリウムもとーっても大事(肥料で一番大事かもしれない)でちゃんと書きたいので次回にしようと思います



ご報告ですが、かなり未完成な状態ではありますがネットショップを開店いたしました
http://masuokafarm.com/
今現在オリジナル液肥のみの取り扱いで商品画像も無い状態です(;>_<;)
購入は出来ますのでご興味ある方はぜひご利用下さい
随時サイト構築を頑張りますのでどうかお待ち下さいませorz


次は6/7(日)直売日です
来店お待ちしております(*^^)v


↓いつもポチっとありがとうございます(*^_^*)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

げいるさんへ

げいるさんこんにちは!
興味を持っていただき嬉しいです(^-^)
鉄の添加で赤くなるのはリン欠乏による変色も一理あると踏んでます
赤くなる=健康 では無いんですよね
多くの方にチッソリンについても考えていただけるように頑張ります

戸川ゆうきさんへ

はい、難しいんですよ~^_^;
でもそれは奥が深いという事。分かれば分かるほど楽しい世界ですよ☆
新規立ち上げからの当店の液肥使用、とっても気になりますね
液肥、うまく使いこなせるように頑張って下さい!(>_<)♪

Yossyさんへ

やはり欠乏の様子がありますか
餌で調整する高等テクニックですね
自分も昔しておりましたが色々と難しいんですよね(^_^;)

知識も経験も沢山あるYossyさんの見解は大変参考になります
良い点も悪い点も含めていろいろ教えてください!

No title

リンの話、とても興味深いです。
特に鉄との結合の話。
ネットや本の情報を鵜呑みにして、窒素とリンについてはあまり考えていませんでした。

う〜ん(*_*)なるほど本当に難しいですねアクアリウムは(*_*)
また新たに30cube立ち上げたので増岡ファームの液肥で頑張ります( ̄^ ̄)ゞ

No title

僕が管理している水槽でも水草が多い水槽は、窒素不足と思われる状態が良くあります。
対処法としてブラインシュリンプを多めに投与して補給をねらっていましたが、こういう液肥を待っていました。
まずは活着させている水草で使ってみます。
FC2カウンター
プロフィール

増岡 紳之介

Author:増岡 紳之介
水草に惚れ込んだ変人が水草を綺麗に育てることに躍起になる日々を綴っていきたいと思います。

埼玉県入間市寺竹707

店舗販売とネットショップ販売をしております

店舗営業日:日曜日のみ

 《店舗営業時間》
 日曜日 10:00-18:00
月~金曜日は発送業務・水草や商品の生産を行っております
土曜日はお休みです

臨時休業や営業時間変更等はブログやツイッターでご連絡します
来店の際はチェックをよろしくお願いいたします


当店は道路側の野菜の無人販売小屋と旗が目印です
道が分からない方はお気軽にお電話下さい
↓  
TEL : 090-3576-8590
email:shop@masuokafarm.shop-pro.jp
Twitter : @masuokafarm

最新コメント
最新記事
アクセス

JR八高線金子駅より徒歩約10分
西武池袋線入間市駅よりバスで約25分
圏央道青梅ICより車で約10分
カテゴリ
Twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
にほんブログ
月別アーカイブ
リンク